EDの原因

EDは、まずは病院での適切な治療が必要

EDの基本的な治療といえば、ED治療薬による投薬治療がメインの治療です。EDの原因によって治療法は変わる可能性があるので注意が必要です。

勃起不全を起こす原因として考えられるのは、心理的なストレスが原因となる心因的な要因、年齢によって血管や神経に障害が出る場合、生活習慣病、神経系の病気、手術や外傷による要因とその他にもいろんな種類の原因があります。

EDを治療するには、投薬治療と並行して、EDの原因を解明し、その病気の治療を実施していく必要があります。

それでは勃起不全の原因にはどのようなものがあるかどうかを紹介します。

心因性EDが原因の場合 

心因性EDが原因の場合

普段から受けるストレスが幾重にも積もったり、相手の一言が言葉の暴力になって勃起障害になるケースです。

この場合の治療は、カウンセリングや投薬が利用されます。

治療効果は患者が受けている心因的な問題に左右されるので、簡単に治癒なる場合もあるが、長期間の治療を必要とする場合もあります。

■神経障害を伴う病気が原因の場合 

勃起を行うには脳が感じた性的興奮が神経を通じて、ペニスに渡されなければなりません。

したがって、神経系に障害を引き起こす脳出血や脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマービョンドゥンの脳疾患はEDを起こします。

これら脳疾患は後遺症を伴うことが多く、既に損傷した神経が回復されにくいために、勃起にも影響を与えると言われています。

しかし、EDのの対応や投薬治療と並行したリハビリ訓練で勃起機能回復を期待できます。

■生活習慣病が原因の場合 

糖尿病や高血圧、動脈硬化などに代表される生活習慣病は血液循環器や神経系に障害が発生するのが特徴です。

発起に必要なこの2つの機能に障害をもたらすことによって、EDが発生するということです。

この場合の治療は、食生活や生活習慣の改善をはじめとして、各生活習慣病の治療が重要です。

■年齢による衰弱が原因の場合 

年齢を重ねると、身体機関の衰弱が発生します。

これは血液循環器や神経系の両方に現われるため、このような進行を防ぐのが、治療の一環です。

まずは、EDを促進する食生活や生活習慣の改善を実施しながら、投薬治療を行うのが一般的な方法です。 

勃起不全を起こした瓶にはいろんなことがありますが、年齢による衰弱や、外傷や手術による発起に係る身体機関の破壊以外では、投薬と並行した適切な治療を進めることで、完治する可能性も十分あるということです。

今はED治療薬の劇的な効果が世の中で認知されているために、EDなのかと思えば、つまりED治療薬という風潮が蔓延しています。

しかし、その後は放置できない深刻な病気が隠れている事も十分あります。

だから、その病気を進行させないためにも適切な治療を受けることが重要であるということです。

自分の浅はかな知恵だけで軽くEDと断定しない、まずは医師の診断を受けてください。