ファイザー社製のバイアグラはニセモノが市場に多く出回っているという話は有名ですが、最近販売されたバイアグラジェネリックでもすでにニセモノがちょこちょこと出回り始めているようです。まだまだ正規品に比べると最近で始めたばかりの薬なのでニセモノも少ないですが、やはり購入の際には気をつけたいものです。 ではどうしたら確実に本物を購入することができるでしょうか?ある人は「ニセモノをつかまされる心配をするくらいなら病院やクリニックに行け」と言うかもしれません。とはいえ、バイアグラジェネリックを個人輸入で購入する方がはるかにコストは安いため、本物を購入できるのであればネットショップを使ってトライしてみる価値はあると言えます。 また、近くにED治療薬を取り扱っている病院やクリニックがないところに住んでいる方にも、ネットショップは購入する有効な手段となります。もちろん無闇に買いあさってお金を浪費するのはもったいないですから、 ここで紹介する本物のバイアグラを購入方法を参考にしていただければと思います。まず、本物を販売しているネットショップは、サイトの下部に会社概要や会社の所在地、会社の固定電話番号が記載されているはずです。これが見つからないサイトはニセモノを扱っている可能性が相当高いと考えられます。


本物を具体的な見分け方


低価格で購入できる事で知られるバイアグラジェネリック

個人輸入でED治療薬を販売する場合に限らず、何かの商品をネット上で販売する場合は必ず会社概要や会社の所在地、連絡先を明記することが法律で義務付けられています。この記載をできないということは法に触れることをしているということが考えられますので、こうしたネットショップは購入先のリストから却下ということになります。これで、ほとんどのニセモノを取り扱っているサイトはふるい落とすことができますが、心配な方のためにさらに突っ込んだ方法をお伝えします。これも非常に簡単ではあるので不安な方は試してみてください。やり方は、購入を考えている会社名をネットで検索してみるだけです。検索して会社概要や電話番号検索のサイトが出てくるようであれば、信頼できる会社ということになります。ちなみにこれがニセモノのED治療薬を取り扱っているようなところでは、購入へ誘導するようなサイトしか現れません。これを会社名と電話番号で検索してみると信頼できる会社かどうか簡単に判断することができるでしょう。とはいえ、本物のバイアグラジェネリックを購入することができる会社であっても、発送元によっては品質に多少の差があるということは覚えておいたほうが良いでしょう。それで、ネットショップはアメリカなどの先進国に個人輸入代行の拠点を置いているお店を選ぶと良いでしょう。アメリカで販売されているバイアグラのほうが製造環境や流通経路が整備されているので安心して購入することができます。