低価格で購入できる事で知られるバイアグラジェネリック、その製造元が、ファイザー社ではないという事は、購入して使っているほとんどの方はすでに理解しているはずです。商品名に名前が入っていますから、単に、バイアグラの普及版かなと簡単に考えて利用している方も中にはいるかも知れません。

このバイアグラのジェネリック、製造元がファイザー社ではないわけですが、では、どこの国のどのような製薬会社が作っているED治療薬なのでしょうか?


インド製のジェネリックについて


低価格で購入できる事で知られるバイアグラジェネリック

現在、オンライン「ジェネリック薬」通販で流通しているジェネリック薬を製造している会社は、インドの製薬会社である場合がほとんどと把握しています。日本と同じアジアの一国インドが医療の面において、先進国の中に数えられる国である事をご存知でしょうか?インドには、今ではジェネリックと呼ばれるようになった後発医薬品を早くから製造してきたという歴史があるといいます。

1種類だけに限らず、ジェネリックとして市場に流通している他の医薬品には、インド製のものが多いのだという事です。歴史が長いという事は、それなりの信頼とそれなりの内容が伴っているから。医療品業界でもインド製のジェネリックは信頼できるというのが、一般的な評価になっているようです。

インド製のジェネリックであるなら、基本的にはご使用いただける品質であると判断してよいと思いますが、ただ、医薬品通販という海外からの個人輸入を通して送られてくる製品ですので、流通の経路、販売ルートが明確になっている国(例:アメリカ)からのジェネリックの購入である事は、大切であると感じています。


ジェネリック(後発医薬品)とは

ジェネリック医薬品は、ブランド品とも言われる先発医薬品と同じ有効成分で作られています。製法も同じです。違うのは、製造元が違うという事です。錠剤であれば、形は当然違ったものになっています。先発薬とまったく同じ錠剤であれば、それは、コピー製品になってしまいますから、形や色などを違えるのが普通です。

インド製のジェネリックの種類


インド製のジェネリックの種類

例えば、バイアグラのジェネリックは、何も1種類とは限りません。製薬会社毎に製造されるジェネリックは、効果効能は同様でも、正確に言及するなら別物です。同じ材料を作って食パンを作ったとしても、ベーカリーの数だけ食パンの種類が存在するということと同じで、製造する製薬会社の数だけ、 ジェネリックの種類がある事になります。医薬品としての製品名は、含まれる有効成分名になりますから、バイアグラもジェネリックも製品名は、有効成分であるシルデナフィルですが、それぞれの製品には、固有の製品名がつけられて販売されている場合が多い様です。


流通しているインド製ED治療薬の種類


  • ・スハグラ
  • ・カマグラ
  • ・シラグラ
  • ・ベネグラ

※以上は代表的なもの、これ以外にも何種類か存在するようです。


バイアグラと読んでいいのは、基本的にファイザー社製のみ。今では、バイアグラのジェネリックは、その区別がはっきりしていないという現状がありますね。通販を利用する時には、どれがブランド品でどれがジェネリックかわからない場合がよくありますが、販売価格でその判断がつくはずです。ブランド品に比べて、その半額からそれ以下での価格での販売も可能なのがジェネリック。安いものはジェネリック薬なのだと判断するとよい事になります。