バイアグラの製薬会社はアメリカのファイザーと言う大手の製薬会社で、そこから1998年に発売された薬になります。有効成分であるシルデナフィルを狭心症の治療薬として開発を進めていたファイザーの研究チームが、この成分の思いがけない効果を発見することになるわけです。狭心症の治療効果が思ったようにでない中で、シルデナフィル成分を試す患者さんの中に、勃起不全治療効果であったと言うわけです。この成分の血管拡張作用が陰茎の血流を良くし、勃起が十分にできなかった男性患者のEDを治療する事がわかったわけなのです。

EDと言えば、インポテンツなどと言われて、日頃は人のうわさにはなりにくい病気の事。男性は、EDの事を口にしませんし、治療に踏み切る人もあまりなかったそんな状況の中、ファイザー社はこの薬を、狭心症治療薬ではなく、ED治療薬として販売する事にしたわけなのですが、 当初は、この薬が治療する症状が何せ勃起不全ですから、どれ程の反響があるか、想像もできなかったと言います。むしろ、あまり期待していなかったと言うのが本音のようでした。

バイアグラの100mgって

結果としてバイアグラの発売は、ファイザーの思惑とは全く違い、驚くほどの反響があったわけですが、なぜでしょう。それは、世界で始めて、経口薬としてEDを治療する薬だったからです。そして、その効果が、半信半疑で治療を始めた人の期待以上の結果だったからなわけです。この薬は、発売されてすぐにテレビやマスコミで取り上げられるようになります。

新聞の紙面に、EDとか勃起不全と言った言葉が目につき、ラジオやテレビのトークショーでは、バイアグラを使ったねたが話され、映画の中でも登場したり、この薬の名前は、瞬く間に、有名になって行くわけです。最近では、人 気も一段落 した感がありますが、レビトラやシアリスの様な同様のED治療薬が販売される中、まだまだ、人気は不動のもの、バイアグラと言えばED治療薬で今尚通っています。