EDの症状をお持ちの方で、バイアグラでの治療をとお考えの方は、まず、医師の診察を受けることから始めると良いでしょう。

服用にあたって注意が必要な人


服用できない併用禁忌と副作用の知識を得ておく

EDの原因別の薬の効果なども全て同じですから、まずは、ご自身の症状がバイアグラでの治療でよくなる可能性があるのかどうか、また、ご自身の体質が医薬品
を呑んでも大丈夫かどうかを専門家に見てもらう事から始める事です。

バイアグラを服用できない方がいます。併用禁忌薬である硝酸塩系の薬や薬品を使用している方です。禁忌薬の詳細は必ず確認しなければなりません。もし、ご自分が現在使用中の薬があって、それが禁忌薬に入るかどうかはっきりしない方は、必ず専門家に確認する事が大切です。バイアグラジェネリックを使う場合も、注意することは同じです。薬を使えない方の制約も同様です。

  • ・硝酸塩系薬品を使用中の方はバイアグラを服用できない
  • ・服用中の薬のある方は医師に確認の上使用
  • ・治療中の病気がある方は医師に相談の上使用
  • ・高血圧、低血圧や血流障害をお持ちの方
  • ・重度の肝臓疾患をお持ちの方、近い過去に大病を患った方、など


副作用の知識を得ておく

バイアグラで副作用の出る方がおられます。副作用の程度や頻度が、軽いめまいやのぼせ、頭痛などが一般的な症状ですが、中には動悸がしたり、胃のむかつきや、お風呂上りのようにほてりを感じたりする人も稀にいますが、ほとんどの場合が、薬の効き始めのころにおこる気にならない程度のもので、時間の経過と共に、薬の効果が切れる頃には自然と消滅することがほとんどとの事です。しかし、それらの症状が耐えられないほどであったり、一向に治まらなかったり、または、心配な症状がある場合は、一旦使用を中止して様子をみるか、専門医に相談する様にしましょう。